本文へ移動

ブログ

工事ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

断熱耐震リフオーム 4

2015-03-05
YKKAPW 330 樹脂サッシ

築20年住宅の断熱工事

2014-11-14
知人から「築20年の住宅を購入する予定なので、建物をみてほしい。」
 
工務店の大工さんが建てた家 なかなかしっかりとした建物。
友人曰く、20年たっているので断熱の度合いが分からない。外壁をやり直すので、
断熱を入れ替えてほしいとの事でした。
 
P社の高性能グラスウール 16k 105mmで家全体を包みなおしました。
部分的に硝子の交換(真空硝子)や二重窓でやり替えました。
完成引越しをした友人は、先日隣の学校で吹奏楽の大会があったが、真空ガラスを入れた部屋に行くと、
楽器の演奏がほとんど聴こえなかった。 今後、予算が出来たら、ほかの部屋の硝子も取り替えたいと
いっておりました。
もちろん、夜は外の気温が10度をきる寒さだが、室内は、ほんわかと暖かく、電気ストーブで十分です。との事でした。
 
断熱改修をして良かったね。
 
 

断熱耐震リフォーム工事 3

2014-10-31
寒い住宅を省エネで暖かく生活ができる様に断熱改修工事をしています。
床下に土間シートを敷き、気流止めと気密シートで覆います。
 
床下 ポリエチレン 105m/m
壁  ポリエチレン 90m/m Ⅲ種 B  真壁 仕上げ
天井 HGW 16K  200m/m
  
高性能樹脂サッシを取り付けた為、開口部は大きく明るい室内となりました。
先日の台風到来の時も、窓を閉めると風の音もまったく聞こえませんでした。
 
 

断熱耐震フォーム工事 2

2014-10-31
床下の断熱工事
床下の断熱工事経過
床下からの冷気と遮断するため、気密シートで断熱工事をして土間シートを敷きました。
 

断熱耐震リフオーム工事 1

2014-10-09
天井に火打ちを入れて、しっかりとした構造にします
新しく柱を建てて、高性能のサッシを取り付けます
築40数年経つ住宅です。
夏の暑さは何とかなりますが、冬の寒さがたまりません。
暖房器をつけっぱなしにしないと体が温まりません。(光熱費の無駄ですね)
 
そこで、思い切って断熱改修工事をすることにしました。
家全体は無理なので、老後に向けて、日常生活に使う場所を寒くないように、改修を始めました。
 
昔は明るい部屋にするため、縁側はすべて窓のつくりで壁の部分がありません。
耐震補強もすることにしました。新しく柱を建てて、断熱性能の良いサッシ(APW)を取り付けます。

有限会社 松本吉弘建築事務所
〒921-8802
石川県野々市市押野4-125
TEL.076-248-0063
FAX.076-294-6092


 
0
1
1
8
2
6
TOPへ戻る